バイアグラ、レビトラ比較

お皿

バイアグラは世界で初めてED治療薬として世に出たため、EDで悩む人の救世主になりましたが、服用しても効果を実感できなかった人が多くいたこともまた事実です。

その原因としてバイアグラは食事の影響を受けやすいため、普段の生活を送りながらの使用では効果を十分に得られなかったことが挙げられます。

また糖尿病患者であったり血糖値が高い人であると効果を得られなかったというデータもあります。

それに対し世界で2番目にED治療薬として登場したレビトラはバイアグラの欠点ともいえる食事の影響の受けやすさ、糖尿病患者や血糖値の高い人でも効果を得られるように改善されて世に登場しました。

そのためバイアグラで効果を得られなかった人もレビトラであれば効果を実感できた、ということもあり、その効果は高いとされています。

しかし食事の影響は全く受けない訳ではなく、空腹時に服用し、成分を身体に吸収させた後にカロリーや油分の少ない軽食程度にすると効果を得られるとされています。

また食後に服用するのであれば、同じように軽食程度に留め、消化がされた2時間程度経過してから服用することとされています。

レビトラは即効性が期待できるED治療薬なので、食事の時間や内容に注意すれば性交渉の30分~1時間前に服用しても効果は十分に実感できるでしょう。

ところでED治療薬は勃起を邪魔する酵素の働きを阻害し、血流を改善することで陰茎へスムーズに血流を促し勃起しやすい環境を整える効果があるのですが、これはどのED治療薬でも共通しています。

そのためED治療薬によって薬の作用や効果が異なるわけではないのですが、効果の強さに違いがあります。

またED治療薬に対して、服用すると必ず勃起すると考えている人がいるかもしれませんが、実際には必ず勃起するのではなく、あくまでも勃起の手助けをする薬だと考えた方が良いかもしれません。

そのため性的興奮を受けて勃起するという本来のシステムは変わらないので、パートナーとの雰囲気を楽しんだりすることを忘れないで下さい。

両者を比較するとレビトラの方が優れている印象を受けますが、やはり世界で初めて作られたED治療薬という信頼と知名度からバイアグラを使用したいと考える人は少なくありません。

しかしEDの度合いであったり体質によってはレビトラの方が実感できる可能性がある、ということも頭の片隅に置いておき、病院で医師にどちらの使用が良いのかなどを相談すると良いでしょう。

このページの先頭へ