レビトラは怖い?

悩んでいる男性

ED治療薬として世界で初めて登場したのはバイアグラですが、バイアグラは食事の影響を受けやすく糖尿病患者であると効果を実感できない場合があるとされていました。

そこでバイアグラの欠点を改良したED治療薬として登場したのがレビトラでした。そのためバイアグラで効果を得られなかった人も効果を実感することが出来るとして、人気が出るようになりました。

しかしED治療薬という薬である以上、副作用の症状が出る可能性があり、主な例としては目の充血や顔のほてり、頭痛、動悸、鼻詰まりを上げることが出来ます。

レビトラは勃起の邪魔をする酵素の働きを阻害し、陰茎への血流を改善することで勃起しやすい環境を体内に作ることが出来るのですが、血流の改善は陰茎だけでなく身体全体にも見られるため、それに付随した副作用を感じることが多いとされています。

これら症状は一時的なもので、時間の経過とともに治まってきますので実はそこまで気にする必要はなく、頭痛であれば市販されている頭痛薬を服用しても対処できます。

しかし不整脈がある人や服用の6か月以内に脳梗塞や心筋梗塞の様な血管の病気になった人、肝障害のある人、低血圧や高血圧の人、不安定狭心症の人などがレビトラを服用すると命に関わる危険性もあります。

そのため病院で受診をした際には、自分の病気や体質を小さなことで医師に報告することた大切になります。自己判断で大丈夫だと決めつけることは絶対にしてはいけません。

身体の状態によっては副作用が強く出たり命の危険性もあるためレビトラが処方されることが出来ない可能性もありますが、それは自身の身体と命を守るためだと思いましょう。

また今現在、服用している薬によっては併用することで血中濃度が過度に上昇したり心臓の動きに異常を起こす等もありますので、服用している薬がある場合は必ず報告しましょう。

EDの解決策はED治療薬だけでないので、薬が処方できない場合は他の方法を模索することも大切です。

しかし上記の様に怖い副作用の話しをしますと、レビトラの服用そのものが怖く感じる人もいるかもしれません。

医師が服用に関して問題ないと判断したのであれば、安心して服用することが出来ますし、仮に副作用の症状が強く出たり症状が治まらなかった場合は早急に医療機関を受診することで対処することも可能になります。

正しく使用することでEDを改善することが出来、満足の出来る性生活をパートナーと共に送ることが出来れば何よりベストな選択なのではないでしょうか。

このページの先頭へ