レビトラとバイアグラの発売時期

レビトラ

日本では、勃起不全が、大きな社会問題になっています。勃起不全は、EDとも呼ばれています。勃起不全には、ストレスやうつ病などが原因で発症する心因性の勃起不全と、病気やケガなど物理的な原因で発症する器質性の勃起不全があります。

若い世代では、心因性の勃起不全が多く、40歳を過ぎると器質性の勃起不全が増えます。昔は、勃起不全の薬がなく、民間療法に頼る人もいました。しかし、現在では、優れた治療薬が大手の製薬メーカーから販売されており、医師と相談しながら服用することが可能です。

勃起不全の治療薬で、最初に世に出たのはバイアグラです。バイアグラが誕生したのは1998年の1月で、アメリカで発売されています。ドイツの大手製薬メーカーが開発したレビトラは、2003年に発売が開始されています。

日本でも2004年には認可を取得しており、同年から発売が始まっています。バイアグラは、現在日本で販売されている勃起不全の治療薬の中では、最も歴史が古いのです。服用すると、15分から20分くらいで効果が出始めて、その後暫く効果が持続します。

通常は、性行為の1時間くらい前に服用します。バイアグラは、食事の影響を受けやすい治療薬なので、空腹時か食後2時間後の服用が効果的です。レビトラの有効成分は、水に溶けやすいという特徴があります。水に溶けやすいため、即効性が期待できます。

バイアグラもレビトラも、PDE5阻害薬と呼ばれています。男性は、性的な刺激を受けると、興奮が信号となって脳からペニスへ伝わります。

一酸化窒素が放出されることで、細胞の中には血管拡張物質が増えます。血管拡張物質が増えることで、陰茎海綿体の血管が広がり、血液が一気に流れ込んで勃起します。

血管拡張物質は、PDE5という酵素に分解されやすく、分解されると勃起しにくくなります。現在、日本で認可されているPDE5阻害薬は、3種類あります。バイアグラとレビトラは、日本でも人気が高いPDE5阻害薬です。

実績があり、世界中で利用されている勃起不全の治療薬バイアグラは、安全性と有効性が認められています。服用すると、15分くらいで効果が出始めます。その後は、4時間ほど効果が続きます。性行為の1時間前に服用する人が多いです。

レビトラは、バイアグラに比べると歴史は浅いものの、即効性があり、食事の影響も受けにくい治療薬です。勃起不全の治療薬を使う場合は、使用する量と使用方法を守って使うことが大切です。

このページの先頭へ